アンチエイジングに欠かせない成分とは

シワをなくしてアンチエイジング!

アンチエイジングを実現させるためには、まず何よりも、今発生している「シワ」をどうにかしないといけませんよね。

 

「シワには保湿がいい」という意見も多いですが、保湿だけで解決するシワというのは、表皮部分だけのごく浅い「ちりめんジワ」程度まで。
真皮層まで到達している深いシワは、皮膚の組織そのものにくぼみができてしまっているので、保湿だけではどうしようもありません。

 

そんな深いシワを何とかするために、本当にほしい成分とは何なのでしょうか?

 

深いシワを何とかするために、真皮層に必要なものとは?

保湿だけでは対応できない深いシワというのは、真皮層のコラーゲンが不足して、弾力を失なってしまうことにより発生します。

 

ですから逆に言えば、真皮層にじゅうぶんな量のコラーゲンが存在できるようになれば、こうしたシワを改善することも可能だ、というわけですね。

 

では真皮層のコラーゲンを増やすにはどうしたらいいかというと、これが結構やっかいなんですよ。

 

まず、コラーゲンを肌につけても、そのコラーゲンの分子が真皮層まで到達することはめったにありません。そのままのコラーゲンなら表皮にほとんど残ってしまいますし、分子を細かくナノ化したコラーゲンでさえ、角質層までの到達が精一杯、というところですね。

 

ではコラーゲンを飲めばいいのかというと、これもハッキリ言えば無駄。
「飲むコラーゲン」にはほとんど効果がない、というのは最近やっと話題に上がるようになってきましたが、それまでは飲むコラーゲンにすがる女性も多かったですよね。

 

なぜ、飲むコラーゲンを飲んでも真皮層のコラーゲン増加につながらないのかというと、飲んだコラーゲンはすべていったん分解されてアミノ酸になるからです。そして骨や筋肉などの組織作りに使われます。
つまり「コラーゲンそのものがそのまま真皮に運ばれて行くわけではない」ということですね。

 

ざっとまとめると、真皮層に必要なものはたっぷりのコラーゲン。でも、「体の内外からの、コラーゲンそのものの補給」をしたとしても、真皮層でコラーゲンを増やす効果を出すことは期待できない、というわけです。

 

カギは「コラーゲンを増やす成分」の補給をしよう!

コラーゲンそのものを体の内外から補給しても、真皮層の弾力アップにはつながらない・・・ではどうすればいいのかというと、「コラーゲンそのものではなく、コラーゲンを増やす働きを持つ成分を真皮層まで届ける」というのが正解です。

 

そこでおすすめとなってくるのが、以下の3つの成分です。

 

ビタミンC誘導体
レチノール
ナイアシン

 

これらの成分は、コラーゲンを生み出す「繊維芽細胞」というものを元気にする働きがあるとされています。つまり、「コラーゲン生成工場の稼働率を上げる」というスタンスになるわけですね。

 

これらの成分が含まれたスキンケア用品を、しっかりと肌になじませるのがおすすめです。これらの成分は、浸透テクノロジーさえしっかりしていれば真皮層まで届けることができるので、「浸透力」にこだわった処方をしているメーカーのスキンケア用品を選ぶのがおすすめですよ。

シワ対策に本当にほしい成分はこれだ!関連ページ

美白に欠かせない成分
活性酸素に効く成分
アンチエイジングに効果的なビタミン