アンチエイジングと美白化粧品

美白化粧品の正しい使い方

「美白化粧品」という言葉に対して、あなたはどんなイメージを持ちますか?

 

「美白」というほどですから、肌を白く美しく見せるためのものだというイメージは誰もが持っているでしょう。
そして「シミやくすみを元通りに白くするのに効きそう」・・・とも。

 

しかし、それは美白化粧品に対する「過剰な期待」になってしまっているかもしれませんよ。

 

美白化粧品は「予防ケア」的スタンスのものがほとんど!

「美白化粧品を使えば、今あるシミやくすみを改善できる」と信じて疑わない人も多いですが、残念ながら現実はそうではありません。

 

なぜなら、現在世の中に出回っている美白化粧品のほとんどは、「すでにできたシミやくすみを元通り白く美しい状態に変える」というものではなく、「これからできるであろうシミやくすみを未然に予防し、白く美しい肌状態をなるべく長く保つようにする」というスタンスになっているからです。

 

このことを念頭において、もう一度、美白化粧品に使われている美白成分の宣伝文句を思い出してみて下さい。「メラニンの生成を抑える」などとは書かれていても、「メラニンを消す」というのはほとんどないはずですよ。

 

そう、ほとんどの美白成分は、「これからのメラニン発生をなるべく少なくする」という働きをするだけなんですよ。ですからシミやくすみができてからあわてて美白化粧品を使っても、「シミやくすみがこれ以上ひどくならないようにはできても、消すことは非常に難しい」というわけです。

 

一度定着したメラニンは、それこそ漂白でもしない限り、なかなか取れませんからね。

 

美白化粧品の「つけ方」が老化を招く!?

美白化粧品を肌につける際、「しっかりと肌を守ってもらわないと」という意識が強すぎて、美白化粧品を肌にすりこむようにつける人も少なくありません。

 

しかし、これは「やってはいけないつけ方」なんですよ。

 

肌に美白化粧品をすりこもうとすると、どうしても指の腹でぐいぐいと強い力で肌をこすったり引っ張ったりすることになってしまうので、こすれによる摩擦がくすみの原因となったり、引っ張りの刺激がシワを作ってしまったりするリスクが高いのです。

 

美白化粧品は「すりこむ」のではなく「なじませる」のが正解。
手のひらにとって、ゆっくりと押さえるようにしてなじませましょう。この際、手のひらを温めておくと、肌へのなじみも良くなりますのでおすすめです。

 

目の周辺など、手のひらだけではつけにくい細かい部分は、指の腹でごく軽く叩く感じでつけるといいですよ。

 

美白化粧品は1年中使うのがベスト!

「春から夏にかけては紫外線が強いから、この間は美白化粧品を使うけど、冬場などは紫外線も弱いし、美白は特にしない」という人も少なくありません。

 

ですがこれも大きな間違い。たとえ冬場であろうと、紫外線がゼロになるわけではありません。むしろ、夏等に比べて日傘などもせず無防備になる分、紫外線をまともに浴びるリスクは高まるといってもいいでしょう。

 

たとえ夏より紫外線が弱くても、浴びっぱなしでいいわけがないのです。

 

ですから、美白化粧品は1年中使うように心がけましょう。毎日使うものだからこそ、「つけ心地が重くない」というものを選ぶのが最適です。